早めにチェック | うつ病だと感じたら、まずはセルフチェックしてみよう。
ハートマーク

早めにチェック

うつ病の症状と治療方法の基本的なこと

「現代病」のひとつとされているうつ病ですが、この病気自体は決して「新しい病気」ではありません。歴史上の偉大な人物にも、時々それらしき症状の記録が残されています。 症状には軽度から重度なものがあり、個人によっては現れる症状も違っている場合があります。 現在分かっている、原因としては過度のストレスによるものという見識になっているものです。 しかし、過度のストレスといっても同じような環境下にあっても、まったくうつ病にはならない人もいます。 このことにより、元々の本人の性格や精神的な資質も重要と見られているのです。 治療には、薬物と心理療法が用いられるのが基本的とされています。 また医療従事者のみならず、周囲の人間の理解が何より必要です。

病院でのチェックが嫌なら自宅で

うつ病は、自覚が難しい疾患としても、認識されています。 これは、目に見えない精神疾患であるということだけでなく、うつ病の症状が時には、単なる疲労のように見えてしまうからです。 他人の目にもそう映るので、本人も単なる疲労だと考えて、悪化させてしまうケースが多いです。 もしかしたら、自分もと思い当たることがあるのだったら、かかりつけの医師に相談してみましょう。 おそらくは、相談にのってくれて、簡単なチェックもしてくれます。 欧米では、メンタルクリニックやサイコセラピストの数も多くあり、診察に対しても抵抗感がないのです。 日本でもメンタルクリニックの数は、増えてはきていますが一部の偏見はまだ残されています。 チェックを受けに行くだけでも抵抗が、あるかと存じます。 かかりつけの医師がいない場合は、ウエブ上のセルフチェックは、どうでしょうか。 この方法での、チェックならば誰に知られることもなく好きな時間にできます。